記帳代行について月次の流れ

画像の説明

お客様から、資料をお預かりします。 領収書・請求書・通帳のコピーなど封筒に入れてポストに投函するだけです。



画像の説明

画像の説明

会計ソフトへ入力します。気になる数字や不明点などは連絡をしながら進めていきます。また、書類の整理、領収証のファイリングもいたします。



画像の説明

画像の説明

貸借対照表と損益計算書を郵送します。(毎月の会社の成績表のようなものです)金融機関へ融資の申込みをすると、必ずと言っていいほど添付しなくてはならない書類。

画像の説明


画像の説明

決算時は提携税理士orご自身で申告(決算書は当社で作成)総勘定元帳(CD)・決算書類・お預かりした書類を返却、郵送いたします。







経理代行・記帳代行コースの申込の流れ 

  • お申込みをクリックして必要事項を入力していただきます。

     又は電話072-850-0070 Eメール

     kichou●office-tubasa.com (●を@)へ連絡してください
  • 申込後、当社からお送くりいただく必要書類等のご連絡をいたいします。

    画像の説明

  • 必要書類を郵送していただいた後、詳細や疑問点等を質問した上で記帳を
    進めてまいります。
    会計ソフトで帳簿を作成し、領収書や請求書等の整理をします。

    毎月の貸借対照表・損益計算書は郵送や電子メール等でお知らせいたします。

    画像の説明

  • 確定申告時には
    ①お客様が税務署へ必要書類を持参し、申告をしていただくか、②お客様の提携税理士へデータ移動、③当社の顧問税理士をご紹介することもできます。


郵送していただく一般的な書類の詳細

業種や規模によって書類が異なりますので詳しくはお問合せください。

① 売上げの分かる書類
   ・振込みの場合は通帳のコピー
   ・現金の場合は現金出納帳や入金伝票等
   ・請求書(売掛管理)

② 仕入や経費の金額の分かる書類
   ・領収書
   ・振込みの場合は通帳のコピー
   ・現金の場合は現金出納帳や出金伝票等
   ・請求書(買掛管理)
   ・クレジットカード決済の場合はご利用明細書(請求書)
   
   2重支払や過払いなどをしている場合が多々見受けられます
   のでできれば請求書や納品書なども郵送していただいたほう
   がいいと思います。

③ 給与明細書

④ 手形がある場合はその資料

⑤ 昨年の確定申告書のコピー(法人は決算書)

⑥ 借入金がある場合は返済明細書

⑦ 事務所や店舗などを賃貸している場合は賃貸契約書のコピー
  (保証金・礼金などの支払の詳細を仕訳する必要があります。)

⑧ 法人の場合は商業登記簿謄本のコピー

そして
当社へ書類を郵送される際はファイリングなど整理はしていただく
必要はありません。書類で必要かどうか迷った場合は、取りあえず
郵送していただければと思います。